高槻市の不動産・新築一戸建て・茨木市の不動産・新築一戸建てを紹介する三幸住研です。

株式会社三幸住研

不動産売却ならお任せください!1分査定
お問い合わせはお気軽にどうぞ フリーダイヤル:0120-00-0000
お得なメンバー登録 WEBでお問い合わせ


よくわかる仲介手数料の仕組み

トップページ > 無料にならない物件は手数料OFFで対応

無料にならない物件は手数料OFFで対応

「仲介手数料を無料に出来る物件」= 「当社が売主様から仲介手数料を頂ける物件」
という事になります。
ですから、
「売主様から仲介手数料を頂けない物件の場合」= 「仲介手数料割引き」
という事になる訳ですが、では、どの様な物件が無料で、どの様な物件が仲介手数料割引きなのか?

実はこれ、残念ながら規則性がありません。


物件と言っても色々な種類があります。
新築戸建、中古戸建、新築マンション、中古マンション、土地。
ざっと大きく分けるとこれだけ種類があります。
「新築戸建は無料」とか、「中古マンションは半額」とか、分かりやすくしたいのですが、
仲介手数料を売主側から頂けるかどうかはバラバラなのです。

ただ、おおまかな傾向だけはあります。

「新築戸建などの売主が建築業者の場合」 は、ほとんどの物件が仲介手数料を頂けます = 「無料」

逆に 「中古物件などで売主が個人の方の場合」 は、約半数の物件は仲介手数料を頂けません = 「仲介手数料割引き」

これは、売主が建築業者の場合はほとんどが、両手間になるからです
(図1参照)

図1

一方、売主が個人の方の場合はほとんどが、片手間になります
(図2参照)

図2

建築業者の場合は自分で仲介業者などに物件情報を提供する事が出来るので、
「仲介業者なら誰でも良いから、この物件売ってくれ」としています。

しかし、個人の方の場合はそうはいきません。
ですから、どこかの不動産会社にマイホームの売却を頼みます。
当然、売主は売却を頼んだ不動産会社に仲介手数料を払いますので、
買主を見つけてきた不動産仲介会社には仲介手数料が回りません。

という事はつまり、
新築物件は無料に、中古物件は仲介手数料割引きになりやすい。
という事です。

ただ、一概に言えないのは、建築業者も仲介業者に売却依頼しているケースもありますし、
逆に、中古物件でも売主が業者の場合もあるわけです。

土地物件に関してはもうバラバラで、法則性は皆無です。
仲介手数料が無料になるか、仲介手数料割引きになるかは、
実際に調べてみるまでわかりません。

ですから、気になる物件は、仲介手数料見積もりサービスをご利用下さい。
何件でも無料でご依頼を受けていますし、何より弊社の場合は 「それをきっかけに営業電話」
みたいな事は一切しておりませんので安心です!お気軽にご利用下さい!

無料はウレシイけどサービスの質は?