高槻市の不動産・新築一戸建て・茨木市の不動産・新築一戸建てを紹介する三幸住研です。

株式会社三幸住研

不動産売却ならお任せください!1分査定
お問い合わせはお気軽にどうぞ フリーダイヤル:0120-00-0000
お得なメンバー登録 WEBでお問い合わせ


よくわかる仲介手数料の仕組み

トップページ > 仲介手数料を無料にできる理由

仲介手数料を無料にできる理由

「仲介手数料無料!」って結構インパクトありますよね?
よくお客様からも
「三幸住研さんはなぜ仲介手数料が無料になるんですか?」
と聞かれることもあります。
もちろん仲介業務を全くの無料で行なっているわけではありません。
それではさすがにやっていけません(笑)。

ようは、仲介手数料の仕組みでもご説明した通り、
仲介手数料は買主様だけでなく、売主様からも頂戴できます。

その内、売主様だけの仲介手数料だけ頂いて、買主様の仲介手数料を無料にしますっていう事です(図1参照)。

図1

もちろん普通の仲介業者は両方から頂いていますから、
当社の場合は、全く同じ仕事を通常の半分の仲介手数料で行なっているわけです。

売主様から頂けない場合(片手間)はさらに大変です。
何故ならば、売主様から頂けない場合でも、手数料の値引きは保障しておりますので更に収入が減るのです。(図2参照)

図2

ここまで極端に利益を圧縮しているので、
従来の不動産業のスタイルでは到底やっていけません。
それでは、何故三幸住研は仲介手数料無料!なんて事ができるのか?

それは、
1.徹底的に経費を削って
2.しかも多くの仲介業務をしている

からです。

従来の売込み型の営業スタイルである不動産会社では、毎週折り込まれる大量の折込チラシやテレビCMなどの広告費、
電話・訪問・販売をする沢山の営業マンにかかる人件費、など非常に多くのコストが掛かっているのです。

多くの不動産会社にとっては、仲介手数料だけの収入に対し広告費や
人件費という膨大な支出があるために仲介手数料無料サービスが困難なのです。


さらにここで問題になるのが、営業マンの給料は完全歩合制を採用している会社がとても多いという現実です。
例えば、完全歩合の場合、営業マンは売上が上がらないと給料がゼロになってしまいます。そのため、
お客様が急いでマイホームの購入を考えていないにも関わらず、営業マンの都合で決断を急がされるようになってしまうのです。

毎週折りこまれる大量のチラシやテレビCMなどの広告費 沢山の営業マンに掛かる人件費

不動産業界は非常に不透明な部分の多い世界です。
この業界は昔から、「手数料の割引一切なし」「強引な押し売り営業が当たり前」という業界でした。

しかし、三幸住研は不動産業を「サービス業」と捉えています。
サービス業の原点は、全てがお客様目線であり、主役はお客様です。
ようは、「お客様本位である」ということです。


お客様に喜んで頂く為に、一体何ができるのか・・・。
そこで、三幸住研はお客様主導型の新しいスタイルを作り上げました。

「ご自分のペースで、ご家族だけで、じっくり判断して購入したい!」

そのようなお客様のために、
広告はインターネットに特化することで大幅な広告宣伝費の削減を行っています。
なので、日々ホームページの研究をしています。
研究をし使いこなせば使いこなすほど、コストが安く済みます。
お金を掛けない代わりに、費用対効果の高いインターネットに人力を注いでいます。
これがまた結構大変ですが、頑張っています。

また、「何より仕事大好き!そして、お客様の喜ぶ顔を見るのが大好き!」な少数精鋭のスタッフで運営しており、
人件費の削減にも努力しています。

加えて、「ホームページを見て期待して現地に行ったら、全くの期待はずれ」ということがないように、
ホームページには物件の写真や間取り図を掲載し、お客様が現地にいかなくても、お家でホームページを
見ればイメージできるような仕組みをつくりあげました。
これにより案内の営業効率もアップしたのです。

経費削減の工夫とお客様への徹底したサービスが「仲介手数料無料」を実現しています

経費削減の工夫とお客様への徹底したサービスが「仲介手数料無料」を実現しています

このように、三幸住研は情報発信のみサービスに徹底しており、お客様にご迷惑をお掛けする強引なセールスは一切致しません。
お客様からお問合せがあった時だけ、不動産の専門家としてお手伝いさせて頂いています。

ドンドン営業して欲しいお客様には不向きかもしれませんが、
マイペースでお探ししたいお客様にはオススメのスタイルだと思います。

「お客様の心に残る会社になりたい!」と、
三幸住研では、そう本気で想ってくれているスタッフが集まっています。
お金だけではない、このような熱い想いがあったからこそ、『仲介手数料の無料化』を実現することができました。

無料にならない物件は手数料OFF